ホームコラム格安スマホの話MVNOって何?

MVNOってなに?

格安スマホについて調べてると、必ず「MVNO」って単語が出てくるんだよね。
仮想移動体通信事業者って何? 他の携帯会社とは何が違うの?

MVNO(エムブイエヌオー)は、ドコモなどから携帯回線のための無線通信インフラを借りて、独自のプランやサービスをお手頃な価格で提供する事業者のことです。
詳しく解説しますね。

MVNOってどういう意味なの?

MVNOとは、ドコモなどの他社から無線通信インフラを借りて、音声通話やデータ通信などのサービスを提供する事業者のこと。新規参入が多く競争の激しいホットな業界です。
MVNOは、Mobile Virtual Network Operatorのイニシャルをとった略称です。
すみません、英語はよくわからなくて。
和訳すると仮想移動体通信事業者となりますね。
んー、あんまりわからないな。
簡単に言いますと、ドコモなどのいわゆるキャリア(移動体通信事業者)から通信インフラを借りてサービスを提供している会社のことなんです。
通信インフラを借りるというと?
携帯電話やスマホは、お近くの基地局につながるのですが、この基地局はキャリアのネットワークの一部で、インターネットに接続されているんです。
あぁ、なるほど。
MVNOではキャリアのネットワークを借りていますが、インターネットにつながる最後の部分だけオリジナルで用意しています。
わかりました。うちのネット回線はNTTの光回線なんですが、プロバイダは別の会社です。それみたいなものですよね。
おおむねその通りですね。以前は携帯サービスといえばキャリアしか提供できなかったのですが、MVNOが認められ、異業種からも企業が参入してきているんです。

MVNOはどうして安いの?

MVNOがキャリアと比べて、お手頃な価格でサービスを提供できる理由の一つとして、コストの低さがあります。
でも、MVNOはどうして価格が安いんですか? 他社からインフラを借りているわけですから、むしろ高くつきそうなものですけど。
一見すると直感に反するかもしれませんね。キャリアは設備・サービスの開発や全国のショップなどに莫大な費用を投じてきました。一方、MVNOはこれらのコストがかかりません。ユーザの数に必要なだけネットワークを借りるため、小回りを効かせられるので、料金を安く設定できるんです。
キャリアがサービス重視の高級なレストランだとすると、MVNOは今流行りの立ち食いフレンチかな。
また、MVNOではデータ通信の容量を細かくわけて販売しているので、あまりネットを利用しない人はかなり料金を下げられるんです。
データ通信プランなら1,000円を切っているものもありますよね。
また、キャリアの通話がし放題になるプランは、あまり通話しない人にとって無駄ですよね。一方MVNOでは月額料金も安く抑えられます。
私の場合電話は受けるばかりなので、MVNOが合ってるみたいですね。
MVNOは目的によって様々なプランが用意されていますから、自分にとって最も適切なプランを選べますよ。

MVNOの品質、対応エリアはどうなってるの?

エックスモバイルをはじめ多くのMVNOはドコモのネットワークを使っているため、つながりやすさや対応エリアはドコモと同じです。LTE対応のスマホであれば高速通信も可能です。
MVNOが安い理由は納得です。でもやっぱり通信の品質やエリアが気がかりです。
ほとんどのMVNOはドコモのネットワークを借りています。つまり、つながりやすさや対応エリアはドコモと同じです。また端末がLTEに対応していれば、下り最大225Mbps・上り最大50Mbpsの高速通信を利用できますよ。
それなら大丈夫そうですね。ただ、プランによっては一定の通信量を超えると、速度制限がかかるのではないですか?
はい、おっしゃる通りで高速通信のデータ量を使い切ると、だいたい200kbps程度に速度制限がかかります。メールなどのテキストは問題ありませんが、動画などは厳しい速度です。ちなみにこの制限はキャリアでもかわりません。
プランを選ぶ前に、入念にチェックする必要がありますね。
多くのMVNOでは途中でのプラン変更ができるので、それほど心配する必要はありませんよ。

MVNOの注意点は?

キャリアメールやキャリア独自のサービスが使えない等、オリジナルの特徴を持ったMVNO。乗り換える前にチェックしておきましょう。
ここまでのお話だと、MVNOにはメリットしか無いように感じるのですが、少しはデメリットもあるのでは?
よく皆さんがおっしゃられるのは、キャリア独自のサービスやキャリアメールが使えなくなることです。
なるほど。最近はGmailやLINEでやりとりすることがほとんどなので、キャリアメールはあまり使っていませんね。
そんな方は増えています。もう一つは、料金が安くなる理由として申し上げた、通話し放題プランがないことです。通常30秒20円(税別)の通話料がかかります。
通話しただけ、料金がかかってくるんですね。家族内や同じキャリア内での無料通話もありませんか?
はい。とはいえ、MVNOによってはアプリを使って通話料を抑えられることもあります。エックスモバイルではアプリを使えばかけ放題になるプランもありますね。
通話料が安くなるアプリは今も使っています。同じアプリ同士で通話すると無料になりますしね。
他には、MVNOでは端末をご自分で用意していただく必要があります。
いわゆるSIMフリーですか?
SIMフリー、もしくはドコモのネットワークを使ったMVNOであれば、ドコモ端末をそのまま使えることが多いです。最近はMVNOも端末をセットで販売しているMVNOも増えています。これだと動作は確認されていますし、手続きも1度で終えられるので楽ですね。
それは助かりますね。MVNOに乗り換える気が湧いてきました。いろいろ教えてくださり、ありがとうございました!

まとめ

  • MVNO=他社から無線通信インフラを借り受けて、サービスを提供する事業者
  • MVNOは月額料金を安く抑えられて、通話品質や対応エリアはドコモと同じ
  • キャリアメールやキャリア決済サービスなどキャリア独自のサービスが使えくなるのが弱点

※ネットからのお申込はクレジットカードのみとなります。
口座振替をご希望の方はエックスモバイル神戸元町店までお越しください。